GPS奮闘記

最近、山頂を踏まず途中であきらめることが多い。

いや、以前から多々ある。


山登りに一番適しているといわれる、ガーミン社のGPSがほしいのだが、

日本語版はべらぼうに高い。それに比べると、英語版は半値以下。


昨年から今年の体調の衰えを考え、1日1山一人でのんびり登りたい。

そうなると里山はもちろん、大きい山もGPSがほしい。


昔にも、GPS購入を検討したがあきらめた。

今回はオークションもみてみた。英語版の中古だと100円からはじまって

10000円過ぎで落札している。新品は1.5~2万超くらい(GARMIN eTrex Vista HCx)


画像



問題は英語表記で大丈夫か?ということ。

しかし、取説を日本語に訳してくれているサイトもある。

必要としている人が多いということだろう。


地名も原則ローマ字だが、日本語表記の地図も販売されている。

大分県だけでいいので枚数は少ない。


ためしに新品を4桁で入札してみた。すぐに5桁になった(≧σ≦)

けっこうたくさん出品されているので、まあゆっくり考えよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック