可愛岳

延岡の可愛岳に行ってきた。

大分自動車道~東九州自動車道を走ると速いはやい

北川インタで降り、案内に従って(登山口の)西郷隆盛資料館へ。


画像


駐車場には立派な案内板がある。

画像



往路は烏帽子岳を経由する北コースを歩く。

「鬼の舟」「環状列石」「立石」等々を見ながら

1時間45分で烏帽子岳に到着。なかなかの展望

画像
                    (拡大可)


「拝門」「ノゾキ」「鉾岩」等を通って烏帽子岳から1時間で山頂!


画像



延岡市街地の先には日向灘

画像
                     (拡大可)


おにぎりと皆さんからの差し入れをいただき満腹に

下山の準備をしていたら男性が一人登ってきた。

私たちとは反対の往路を南コースで、復路が北コースだそうだ。

復路は南コースを歩くので、コースの様子をきいて下山開始。



ガレ場を過ぎて両側の足元がシダの山道になると、

今までたくさんあった看板がパッタリと無くなる。

間違えたかな?と不安になっていたら、林道に出会い

「ザレの頭」の看板があった。やれやれ、ホッ・・・


途中の「ひべら山」看板に反応して寄り道した。

標柱等は見つからなかったが、GPSをみながら

ヤブコギして一番高そうな所まで行ってみた。


画像




山頂から2時間で資料館に無事到着。

ネットのコースタイムを大幅に超過したものの、

整備された北コースは変化に富み、

単調な南コースもそれなりに面白かった。



下山途中から細かい雨が落ちていたが、ほとんど濡れなかった。

でも、車に乗ったら(待っていたかのように)本格的に降ってきた

帰りは道の駅に立ち寄りながらR326を走った。


皆さんお疲れ様でした。

そしてありがとうございました


詳細なレポートはこちら↓

http://www.ooitanoyama.com/enotake.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック