エヴェレスト 神々の山嶺

仕事が休みの日、外は雨

山には行けないので、好評の映画「エヴェレスト 神々の山嶺」へ。

通路に貼った大きなポスターはもうなくなっていたので、

上映されたシアター3とチケットで代用。

画像



どちらかというと「本を読んでから映画をみる」派なのだが、

今回は先に映画をみてしまった。

夢枕 獏の「神々の山嶺」を読んでから映画をみたかった。

本ならきっと「切ないほど何かを求める男」の気持ちを

想像することができたような気がするが、

映像になってしまうと、これでどうだ!と

押し付けられたような気がしてイマイチなのである。



新田次郎著『孤高の人』のモデルとなった加藤 文太郎の本は読んだが、

「神々の山嶺」のモデルとなった森田勝という孤高の登山家も気になる。

あとになってしまったが、とりあえず本を読むことにしよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック