久住山

ひょんなことから「西宮明昭山の会」の皆様と

くじゅうの山を歩くことになった。

リーダーのSさんとメールでやりとりして、

牧ノ戸~久住山~法華院温泉泊~大船山

~東尾根~今水登山口のコースをご一緒することに。

6:20に西大分港で皆さんと合流し、ジャンボタクシーで牧ノ戸へ。

ここでKataさんと合流。


実は前夜、3年前の右足骨折カ所の筋を痛めた。

登山が出来るかどうか心配で、もしもの時にそなえ急遽

Kataさんにお願いして一緒に歩いていただくことにしたのだ。


星生山の山腹は紅葉し始めていた。

画像


大好きな西千里からの久住山

画像


牧ノ戸から約3時間で久住山山頂

画像



足はなんとか持ちこたえそうなので、

Kataさんとは久住分れでお別れした。


今夜の宿を目指し、久住分れから北千里へ。

画像


足場の悪い北千里への急なゴロ石の下りで転び、

左足の膝のお皿を擦りむいた(≧∇≦)

Tさんたちが消毒の水や大判の防水ワンタッチパッドで

手当してくださった。

スガモリを左に見て、前方にゴリラ岩

画像


久住分れから1時間40分で山荘に到着

画像


温泉に入ってビール等で乾杯

画像


山荘のご馳走をいただき、藤田晴一先生の写真教室にて

古いくじゅうの写真をみせていただいた。

星空も楽しみにしていたが、残念ながら坊ケつるじゅうに

ガスがたちこめ、全く星はみえなかった


明日の大船山の紅葉登山にそなえ、

9時には消灯し静かな山小屋の夜は更けていった。


詳細レポはHPにアップしました

http://www.ooitanoyama.com/kuzyuu20161018.html

この記事へのコメント

じなし
2016年10月24日 20:28
真玉町出身の藤田晴一先生にはいろいろとお世話になっています。
これまでケべス祭り&流鏑馬神事フォトコンテストの審査をしていただきました。今、昭和の町豊後高田の昭和の蔵にて国東写真展をされているようで・・先日先生よりご案内の℡をいただきました。
写真だけでなく人柄がすばらしい・・じなしが敬愛する写真家です。
もう十数年前、藤田先生「分県大分の山」を読みながら未踏の山に胸膨らませたものです。
ゆみちゃん
2016年10月24日 22:19
あらまぁ!私も「分県登山ガイド 大分県の山」で先生を知り、写真を見ながら「いつかはここに!」と思っていました。お会いしたのは初めてでしたが、まだ埋まってない佐渡窪のマンサクや、イチリンソウの群生等々を紹介してくださいました。団体で登っていたので、大船山の紅葉写真教室には参加できませんでしたが、貴重な写真をみせていただきました。

この記事へのトラックバック