宗像四塚縦走

宗像四塚連峰は、宗像市の城山~金山北岳

~孔大寺山(こだいしやま)~湯川山の4つの山を指す。

その存在を知ってから何年になるだろう・・・

照葉樹の自然林が素晴らしい縦走路は

低山ながらアップダウンの激しいロングコースである。

挑戦したいと思いながらもなかなかチャンスがなかったが、

今回kuwakoさんの墓参りに便乗させていただき機会を得た。

しかし、その宗像四塚縦走の結末は・・・


まずはトイレもある城山登山口に送ってもらう。

画像



数日前の仕事で腰を痛め、前日の力仕事で体力を使い果たし、

腰のサポーターを装着しての階段はマジきつかった。

画像



1時間弱もかかってまずは1座目の城山山頂。

(標準タイムは30~40分)

画像



一休みして遥か彼方の孔大寺山を見る。

遠い事を知らせてくれる看板を見ながら金山へ。

画像



石峠へと下り、金山南岳へと登り返す。

画像


景色を眺めながら行動食を摂る。

画像


南岳から15分で2座目の金山北岳に到着。

次の孔大寺山を眺めながらkuwakoさんのお弁当をいただく

画像


大きなおにぎりで少し元気が出てきた

地蔵峠へと急な下りを進む。

県道291号を横切り孔大寺山への登りがはじまる。

画像



さて、ここからがこのコースの核心部。

気持ちの良い尾根道もあるが、とにかくひたすら登る

約1時間で3座目の孔大寺山に到着。

画像


ここで悩んだ!

石峠に下る時に地元の人から「そのペースだと、

湯川山は日が暮れてしまうよ。」と言われていたのだが、

本当にゴールの承福寺は暗くなってしまいそうだ。

しかも、これからもっとペースは落ちるだろうし・・・

でも、せっかくここまできたのに・・・

う~~ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

腹をくくってkuwakoさんに電話した。

「迎えは承福寺でなく、垂見峠にお願いします。」



温かいスープを飲んでしばしの休息。

垂見峠への激下りへと向かう。

ロープもたよりながら急傾斜を下る。

kuwakoさんが待つ国道495号が見えた

画像


国道を横切り、湯川山の登山口にあるお地蔵様に

「また来ます」と報告して帰路についた。

kuwakoさん、ありがとうございましたm(__)m

GPS軌跡図

画像



かくして、宗像四塚縦走は三塚縦走となった。

振り返るに、スクワットで膝の筋肉をつけたので

ダウンの時の時間はそうでもないが、

なにせ体力がないのでアップの時間がかかりすぎる。

毎日歩こう!を目標にするも、いつも車で移動する。

本気で体力作り


詳細レポはHPにアップしました。

http://www.ooitanoyama.com/munakatayotuduka.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック