山の忘年会

先日、山の仲間と忘年会をした。

いつも大分で開催するのだが、今回は別府。

大分のハンドルキーパーさんには申し訳なかった。


今年は600座記念登山が地震で中止になったので、

来年に650座を実施したいと思い、里山にたくさん登った。

ヤブコギにおつきあいいただいた方々に感謝。

画像



山談義に花が咲くなか、いつも仕事が忙しくてなかなか

参加できないO氏が、ストレスが溜まるという。

子供も大きくなったのだから、ぼちぼち自分の楽しみを

優先すれば、と言うと

「俺が死んでから、母ちゃんがお金で苦労するのを見たくない」と・・・



一般的に女性は子育てが終わると

「さあ、これからは自分が楽しまなくっちゃ」と思う。

でも、男性は一般的にそうではない気がしてきた。
(そうの人もいるだろうが)


本能のなせる行動なのかもしれないが、

男性と女性の違いを大いに感じた。


しかし、お金はあの世に持って行けないのだからと思う自分も

子供たちには残せるものなら残してやりたいと思うのも事実だ。

ただ、やりたい事を(可能な限り)やり残したくないのも事実!


これからの人生を考えるきっかけになった忘年会だった。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック