轟山 大分市佐賀関

金毘羅山から下山して大久保山に向かった。

が、途中の分岐を見逃してしまい、樅の木トンネル方向でなく

轟ダム方向に来てしまったので、轟山に行くことにした。

地形図に、山頂直下のお宮へと続く参道らしき点線が

記されているのでそれをたどることにしたのだが・・・

三角錐の山容を見ながら山へと向かう道に入る。

画像


点線の始まりは背の高いヤブなので、近くの舗装道から

行こうとしたのだが、こちらもヤブコギでウロウロ(汗)

なんとか参道らしき道に合流。

画像


道の形跡があるものの、草木が茂って歩きにくい。

それでも、いくつか古いテープがありホッ・・・

画像


山頂手前のピークに上がる急傾斜は大変だったが、

なんとかピークにたどりついた。

画像


一旦鞍部に下り、神社のマークのあるあたりを探したが

祠らしき物は見当たらなかった。

画像



登り返して三角点のある山頂。

画像


疲れ切ってしまい、一休みしたら下山。

往路をたどっていたが、途中から歩きやすい道が現れたので、

南に下ったら、大舞橋の先の車道に下り着いた。

画像


駐車地でお昼をいただき、帰りに轟神社にお参りした。

その鳥居を見た瞬間「あれっ?ここ来たことある!」と記憶が・・・

画像


もしかしたら、ヤブコギして間違いながら登ったあの山かも・・・

で、帰宅して調べたら19年前に、神社方向から北東尾根経由で登っていた。

昔登った里山は登山口が同じなら思い出すが、

今回は取付きが違ったので全く思い出さなかった。

その前に、名前を確認しろよと言われそうだが

Kataさん、Nさんヤブコギと急傾斜にお付き合いいただき

ありがとうございました。お疲れ様でしたm(__)m

GPS軌跡図

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック