鈴鹿の盟主「御在所岳」

前日はお手軽な知多本宮山だったので、

次の日は少し長い歩きの御在所岳に登った。

御在所岳は三重県の鈴鹿山脈にあるが、三重県の山はお初。

中道ルートの登山口駐車場から見上げる山頂と6号鉄塔。

画像


中登山道の登山口。届を書いて出発。

画像


30分でロープウェイの下を通過。

画像


おばれ岩や地蔵岩が面白い。

画像


展望のいい岩場から山頂と鎌ケ岳。

画像


6合目に着いたら道が無い!キレットと書いている。

こんな岩場を下降。

画像



7合目を過ぎたら鎖場があり、8合目の岩峰で

眺望を楽しんで富士見岩に到着。富士山は見えない。

画像


舗装道に出たら山頂が見えた。

画像


スキー場の階段を登ると、姉の孫のいっちゃんが出迎えてくれた。

一等三角点のある御在所岳山頂。

画像


少し先の望湖台で眺望を楽しむ。が、琵琶湖は見えない。

画像


東屋で休んでいた登山者らしき方が、

30分で隣の国見岳に行かれるというので

姉たちと別れて国見峠へと向かう。

リフトで朝陽台に移動し、下る事15分で国見峠。

画像


御在所岳を振り返りながら、誰にも会わずに国見岳山頂。

画像


GPSが示す山頂は大岩と笹のみ??

鈴鹿山脈にもこんな山頂があるんだ・・・と思いながら

少し先の広場でおにぎりをいただき、即下山開始。

山上公園駅まで戻り、下りはロープで失礼。

画像


ええぇ~28台も動いてて、1分12秒毎に発車してるって・・・

さらに10名乗るのかと思ったら、ゴンドラ1台独り占め

画像


アクアイグニスで汗を流し、帰路についた。

姉夫婦といっちゃんに感謝



さあ、ここでまたも失敗談。

そう、GPSの国見岳は本当の山頂(1175m)の

手前のピーク(1172m)だったのだ。もう少し歩けば・・・

画像


山頂はこんな場所らしい。

やはり知らない山は、事前調査が必要だ。

GPSを鵜呑みにしていると痛い目にあうと分かった。

そういえば、GWに登った三尖もGPSは違っていたなぁ~

やれやれ学習能力がないようだ・・・



GPS軌跡図

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック