古処山 朝倉市

先日、朝倉の古処山に行った。

昨年の北部九州豪雨で荒れているとは思っていたが、

その爪痕はとても酷いものだった。

初めてなので前回と比べるべくもないが、

整備されていたであろうコンクリートや石の登山道が

途中で寸断され、渡る木橋には砂利が残ったまま、

斜面が崩れて倒木が重なり、迂回を余儀なくされていた。

画像


五合目駐車場の直前で倒木が道を塞いでいたので、

右の斜面で迂回しようとしたが、あまりの急傾斜に

「もう引き返そう」の声が上がった時に、

うしろから追いついた男性3人が、倒木の一部を除去して

なんとか通られるようにしてくれた。

本当にありがとうございました。

画像


(人が通られる赤い空間を作ってくれた。振り返って撮影)

まだ倒木が新しいので、最近の土砂崩れのようだ。



駐車場からはそれまでよりも歩きやすくなったが、

途中でテープを見失い、迷子になってしまった。

GPSで確認して急傾斜を横歩きでルートに戻ったが、

最後は10m弱の尻滑りとなった

迷子になった時点で、二つ目の屏山どころか、

古処山も無理では・・・とマジで心配した。

とりあえず山頂に着き、お昼をいただいて大岩から展望を楽しむ。

画像


屏山は次回にまわすということで、大将隠し・奥ノ院へ。

ロープで下る奥ノ院へはHasiさんと私のみ。

画像


見上げる空から地面まで、岩に挟まれた空間は一人分の幅。

なんとも不思議な空間でした。

往路を戻り、卑弥呼ロマンの湯で汗を流し、コンビニの

サンドイッチとコーヒーでお腹を満たして帰路についた。

皆さん、お疲れ様でした。

次は屏山と江川岳を目指します。

(うまくいけば馬見山も・・・)

簡単なレポはHPにアップしました↓

http://www.ooitanoyama.com/kosyosan.html

この記事へのコメント

豊津の信ちゃん
2018年07月26日 14:46
こんにちは。
大雨直後に登られたのですね。酷い荒れようですね。
私どももいつもは秋月から登るのですが、途中の道がダム建設で通れませんので、このところ嘉麻市側の遊人の杜から登っています。20日に行きました。キツネさんも咲き始めていましたね。お疲れ様でした。
ゆみちゃん
2018年07月26日 15:39
信ちゃん、こんにちは。
そうなんですよ、美夜古たよりを読んで、奥ノ院に下から登られる事を知りました。次回は縦走路を屏山~江川岳に進んでみたい(馬見山は馬見山キャンプ場からがよいですよね?)ので、ブログの軌跡図を送っていただけませんか。宜しくお願いいたします。
キンカメさんが見つからなかったのは、歩きに余裕がなかったからでしょうね。信ちゃんの写真で楽しみます。お疲れ様でした。

この記事へのトラックバック