日々のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤川から久住山〜稲星山

<<   作成日時 : 2019/04/15 17:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

閉鎖されていた赤川登山道が復旧されたときき、

一昨日8年ぶりに赤川コースで久住山へ。

画像


川を渡り、舗装道をショートカットして山に取付くと、

葉の落ちた樹間から目指す久住山

画像


補強した古い階段が続き、その後新しい階段が現れる。

画像


材料を加工して持って上がるだけでも大変だっただろうなぁ・・・

崩壊が進んで通られなくなったのか?以前の道は閉鎖され

右下へと新しい階段ができていた。

画像


笹に中の新しいルートは、出来たばかり感に満ちている。

画像


以前の岩場のルートに戻り、急傾斜を喘ぐ

振り返ると『ひだり傾・みぎ祖母』の絶景

画像


山頂の人々を見上げながら登りあがると、360度の大パノラマ

画像


写真を撮ったら稲星山へと向かう。

一旦鞍部へ下り、登り返して稲星山山頂。

画像


久住山の山腹に、復路の南登山道が見える。

お昼のあとに、Tamaさんから熱いコーヒーをいただく。


下山開始。南登山道は道の両側の木がせりだして、

以前より歩きにくくなっていた。

途中の広場から振り返る扇ケ鼻・肥前ケ城・久住山・稲星山・・・

画像


七曲の手前の可愛いお地蔵様にご挨拶。

よく見ると如意輪観音と千手観音かなぁ?

画像


タイミンガサやユキザサが芽をだしていた。

画像



猪狼鹿寺跡の看板はあったが、祠が・・・

なくなったのか?見つける事ができなかったのか?

南登山口との分岐で右に進み、赤川登山口へ戻った。

皆さん山中8時間、大変お疲れ様でした。


以前は這いつくばって登っていた赤川ルートだったが、

立派な長〜い階段のおかげで、滑る事はなかった。

復旧してくださった方々に感謝です

GPS軌跡図です

画像



久住山〜稲星山の詳細レポはHPにアップしました↓

https://www.ooitanoyama.com/kuzyuuinabosi2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤川から久住山〜稲星山 日々のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる