ペルセウス座流星群の観望会2020

8/12~8/13はペルセウス座流星群の極大日だ。

ネオワイズ彗星の時に十文字原で偶然出会った大分のTさんは、

急用で直前にキャンセルになった。

近くのKataさんと、安心院のいつもの場所に出掛けた。

お菓子や果物を持参してくれたので、

輻射点が上がる前にいただこうと、先ずはコーヒータイム

美味しくいただいたら、半分雲に覆われた空を見る。

32.jpg

北斗七星がずいぶん傾いた頃から雲がとれてきた。

小さい流星もチラチラ飛ぶが、時々マイナス等級も現れる

駐車地に他の車がとまって人の話し声がする。

いつも来る人たちは私たちより奥に進むが、今夜は手前に陣取ったようだ。


Kataさんが星座の本を持ってきていたので、

夏の三角や秋の星座の説明をしながら流星を待つ。

結局、大小取り混ぜて20個弱の流星を数えた。

赤い火星が現れ、不気味な色の22.8の月も昇ってきた

今日は仕事があるので1時前に引き上げた。

ペルセウス座流星群さん、今年もたくさんありがとう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント